システム手帳のウィークリーリフィルに書いていること

システム手帳のウィークリーリフィルに書いていること

手帳を使っている人の中には、1週間の予定を書き込むバーチカルタイプの手帳を選んでいる人も多いはず。

システム手帳ならウィークリーリフィルを入れておくことでその役割を果たしてくれる。

システム手帳にどんなリフィルを選ぶのがいい??」の記事でも紹介しているけど、僕もウィークリーリフィルを使用している。

今回は、そのリフィルをどう使っているのかを紹介していく。

システム手帳でウィークリーリフィルを使う目的

ウィークリーリフィルを使っている目的は主に2つ。「1週間の流れの確認」と「1週間の目標設定」だ。

ウィークリーリフィルで1週間の流れを確認する

当たり前だけど、ウィークリーリフィルを使用することで1週間の流れを確認することができる。

その日その日の過ごし方を意識することも大切だけど、少し先のことまで意識しておくことも大切。

バーチカルタイプなら1週間の予定をその日の時間ごとに記入できるからかなり便利だ。

僕の場合は、見開き1ページで1週間が確認できるようになっている。A5のシステム手帳だから大きくて見やすい。こういうときはクラシックタイプにしてよかったと思う。

ウィークリーリフィルで1週間の目標を立てる

1週間の予定を確認する以外にもウィークリーリフィルが役に立つポイントがある。

それは「1週間の目標達成に役に立つ」というポイント。

計画を立てるときには、マンスリー→ウィークリー→デイリーの順で立ている。目標についても同じ。まずはマンスリーの目標を立ててから、それをウィークリーに落とし込んでいく。

その週に何をすべきかをウィークリーリフィルに書くことで長期的な目標を達成しやすくなるというわけだ。




ウィークリーリフィルの予定の使い方

マンスリー・ウィークリー・デイリーのリフィルには同じ予定を書き込むことがあるけど、それぞれで書き方が変わってくる。ウィークリーでは予定をどう書いているのかを簡単に紹介していく。

細かい予定は書かない

ここで言う細かい予定は「朝のルーティーン」とか「休憩時間に何をするのか」、「その予定の細かい内容」を指す。

細かい予定はデイリーリフィルに書くようにしているため、ウィークリーのリフィルには何時から始まって何時に終わるかぐらいを書いている。

行動予定を書く

簡単に言うと「その日にどういう動きをするのか」を把握できるように書くということ。

1つ前の見出しと重なる部分もあるけど、「ミーティング」や「ブログ執筆」などのその時間にするべきこととその場所を記入する。

そうすることで1週間の動きが見やすくなってイメージをつかみやすい。

1週間の行動予定を書くことで「この日は早く仕事が終わりそうだからのんびりしよう」とか「この日は忙しいから前日の晩はお酒を控えておこう」とデイリーの行動につなげることもできる。

そもそも空いている時間を把握しにくいって人はまずは時間を生み出すことが大切かもしれない。デイリーリフィルを使って時間を生み出す方法を記事にしているので、よかったらこちらをどうぞ。

まとめとこれから

ウィークリーリフィルの僕なりの使い方を簡単に紹介してみた。

週間バーチカルタイプの手帳を使っている人であれば、細かい予定をわざわざデイリーリフィルに書かなくてもいいかもしれない。

これからもウィークリーリフィルで行動予定を確認して、目標をどんどん達成していきたい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする