iPadのタッチペンはApple Pencilが一番?iPad Pro 11にKINGONEのタッチペンを購入してみた。

iPadのタッチペンはApple Pencilが一番?iPad Pro 11にKINGONEのタッチペンを購入してみた。

※ いつもは写真の背景を白にしているけど、今回はタッチペンが白ということで背景を変えている

第2世代のApple Pencilを使い始めて1年以上が過ぎた。

純正品ということもあり、iPad Pro 11との相性も抜群で全くと言っていいほど不満点が見つからない。

とは言いつつも、純正品以外のタッチペンも少し気になっていた。

ということで今回は、KINGONEのタッチペンを購入してみたのでApple Pencilとも比較しながらレビューしていこう。

この記事はこんな人にオススメ

  • Apple Pencilとより安価で、書き心地が変わらないタッチペンを探している人
  • 複数のiPadで同じタッチペンを使いたい人
  • Apple Pencilの購入を迷っている人




KINGONEのタッチペンをレビュー

これがKINGONEのタッチペン。

Apple Pencilと並べると、どっちがどっちか分からない。

色も白色でとても似ている。

比較しやすいように、それぞれの違いを簡単に表にしてみた。

Apple Pencil KINGONEのタッチペン
長さ 166mm 160mm
直径 8.9mm 9mm
重量 14g 20.7g
接続方法 Bluetooth Bluetooth
磁力での本体装着 あり あり
磁力でのペアリング あり なし
充電方法 本体装着時に充電 USB Type Cで充電

大きな違いは磁力で本体装着をしたときのペアリング機能があるかどうか。

また、充電方法の違いも大きな差になってくる。

iPad Pro 11ならType Cで充電できるから、同じケーブルでKINGONEのタッチペンも充電できると考えれば特に問題はない。でも、本体に装着しただけで充電ができる機能はやっぱり魅力的だ。

Type Cケーブルで充電する部分はタッチペン上部にある。

ペンを起動させる時には、上部分を1回タッチすると電源がオンに。もう一回タッチするとオフになる。

2枚目の画像のように電源がONのときには青いライトが点灯する(画像では緑っぽい)

Amazonの商品ページを見てみると、1分の充電で30分使用でき、25分間の充電で10時間連続使用が可能みたい。

他にも自動スリープ機能を搭載していて、1分間使わないで置いておくとスリープ状態に入り、20分間使わないと自動でオフになる。

Apple Pencilとは違い、電源をつけてから使用できるタイプのペンはどうしても消し忘れてしまいそうになるから、この機能はとても嬉しい。

右がKINGONEのペン先。

Apple Pencilよりも本当のペンみたい。

書き心地はほとんど変わらなかったから、仕事でバリバリ絵を描いたり、文章を校正したりする人でないなら、書き心地はどちらでも全く問題ない。

iPad Pro 11に装着してみるとこんな感じ。

磁力で本体に装着できるのはかなり便利。これがもしなかったらApple Pencil一択だろう。

この写真を見て思ったけど、ペン先を見なかったらApple PencilかKINGONEのタッチペンか見分けがつかない。

iPad Pro 11のケースについての記事はこちら




Apple Pencilの購入を迷っていたり、試しに日常使いしてみたい人にもオススメ

今回レビューしてきたKINGONEのタッチペンだけど、ガッツリiPadに使いたい人にはもちろんオススメ。

中でも特にオススメしたい人は「Apple Pencilの購入を迷っている人」「Apple Pencilを購入しても使うか分からない人」「試しにペンを使ってみたい人」の3パターンの人だ。

理由としては、Apple Pencilの35〜40%ほどの金額で購入でき書き心地も変わらないレベルだから。

少しの感覚が必要となるデザイナーの人が使うとなるとどうか分からないけど、文字を書いたり、画面操作に使う分にはかなりオススメできる。

KINGONEのタッチペンの良い点と悪い点

KINGONEのタッチペンの良い点

  • Apple Pencilと書き心地が変わらない
  • Apple Pencilよりも安い
  • 磁力の本体装着に対応している
  • 一定時間使わないと自動でスリープやオフになる
  • 充電式だけどType Cで充電できる
  • 本体よりも軽い

KINGONEの悪い点

  • 本体に装着した時に充電されない
  • 使用時にペン上部をタップする必要がある
  • プロ向けかは分からない

まとめとこれから

Apple Pencilとは別のiPad用タッチペンを購入してレビューしてみた。

個人的には大満足。

一番最初にKINGONEのタッチペンを購入していたら、Apple Pencilは購入していなかったかもしれない。

結局どちらを使うの?と聞かれると答えはやっぱりApple Pencilになる。

でもこれはあくまでも本体装着時に充電できるかどうかだけで判断している。KINGONEのタッチペンはフル充電で10時間連続で使用できるから、気にならないなら全く問題ない。

それよりも、価格や重さを考えたらかなりいい勝負なんじゃないかと思う。

これからもApple Pencilを使うことになるだろうけど、Appleから次に新しいiPad用ペンが発売されたら、純正品以外をまず購入してみてもいいかもしれない。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする