SONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3を手放してAirPods Proを購入した理由。

AirPodsPro

SONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3を手放してAirPods Proを購入した理由。

2019年最後の記事として書いた「2019年 今年買ってよかったモノをつらつら綴る」にも入っていたAirPods Pro。

当ブログをよく読んでくれている人からしたら「いつ購入したの!?」と思ったはず(そんなコアなファンがいるかはわからない)

実はiPhone 11 Pro Maxと同時にAirPods Proも購入していた。

同じタイミングでSONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3を手放した。

今回は、どうしてAirPods Proに買い替え(乗り換え?)たのかをつらつら綴る。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2020/02/20 07:15:17時点 Amazon調べ-詳細)




SONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3を手放してAirPods Proを購入した理由

まずはSONYのノイキャンイヤホンを手放した理由を綴ることにする。

SONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3を手放した理由

SONYのノイキャンイヤホンWF-1000XM3

理由はたった1つだけ。

「耳に合わなかったから」だ。

もっと正確に言うと「耳の形にピースが合わなかったから」になる。

それならイヤーピースだけ交換すればいいという正論が飛んできそうだけど、すでにAirPods Proが販売されていた時期にこの悩みを持つようになったから「イヤーピースを交換するならAirPods Proを使いたい!」という思いが勝っていた。

ノイズキャンセリングの性能も音質も全く不満はなかった。でも、ただ1つ「耳からよく外れる」ということがどうしてもストレスになっていた。

イヤピースが合わないことで起こるこれが手放す大きなきっかけになってしまったというわけだ。

AirPods Proを選んだ理由

AirPodsPro

SONYのノイキャンイヤホンを手放してAirPodsを選んだ理由を綴っていく。

一番の理由は「Apple製品をメインに使っているから」

やっぱりApple製品同士の使い勝手はとてもいい。

AirPodsとiPhoneの繋がりのよさは前の世代からの評判をよく知っていた。

AirPods Proで一番気になっていたのは、ノイズキャンセリング機能。

SONYのWF-1000XM3のノイズキャンセリング機能は文句なしの性能だった分、AirPods Proのノイズキャンセリングはどうなのかなと不安を抱いていた。

そんな不安もあったせいで、他のブログでのレビューをきちんと読み込んでからの購入することに。

結果的にはノイズキャンセリング機能にも、使い勝手の良さにもとても満足している。




WF-1000XM3とAirPods Pro両方を使った感想

どちらのイヤホンも実際に使用した感想を綴ろう。

まずノイキャン機能について。

ノイキャン機能はやっぱりWF-1000XM3の方が上に感じた。音質もAirPods Proよりも上。

音だけで判断するならWF-1000XM3の購入を強くオススメしたい。

次は操作感について。

操作時のストレスフリーな感覚はAirPods Proに軍配が上がる。これはきっとiPhoneを使っているせいもあると思う。

同じApple社製品だから接続もとてもスムーズ。別途アプリをインストールする必要もないから、その点もWF-1000XM3より使い勝手がいい。

あとは装着感について。

これは耳の形によっても変わってくるからあくまでも超個人的な感想として捉えてもらえたらと思う。

最初の方にも書いたけど、WF-1000XM3は僕の耳には合わなかった。

一方でAirPods Proは全然外れない。外れにくさはさすがAppleといったところ(上から目線)

今のところ装着感に関して不満を抱くポイントは全くない。

まとめとこれから

SONYのノイキャンイヤホンを手放してAirPods Proを購入した理由をつらつら綴ってきた。

音質を求めているなら後悔していたかもしれないけど、素人の僕に撮ってはそこまで大きな違いは感じない(低音の響きは素人の耳でもはっきりと違いがわかるけど)

Apple製品を愛用している人ならやっぱりAirPods Proがおすすめ。

これからもAirPods Proでストレスフリーに音楽や動画を楽しみたい。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2020/02/20 07:15:17時点 Amazon調べ-詳細)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする