iPadにリング代わりのCiscleのストラップバンドを装着してみた

iPadにリング代わりのCiscleのストラップバンドを装着してみた

iPhoneには、バンカーリングを装着している人はよく見かける。

でも、iPadにバンカーリング的なツールを装着している人は今まで見たことがない。

そんなときに、リング代わりになるCiscleのストラップバンドを見つけてしまった。

今回は、iPad用に購入したCiscleのストラップバンドを簡単にレビューする。




Ciscleのストラップバンドについて

僕が今回購入したCiscleのストラップバンドは、iPhone・スマホ・タブレット用3つのバンドがセットになっている。

1つはスタンド機能もあるもので、残りの2つはバンド機能のみ。

小さい方のバンド2つはスタンド機能が必要かどうかで使い分けることができる。

重さ制限は2.5kg以内。

指に装着するときだけバンド部分が伸びるから、使っていないときはとてもスリム。ポケットに入れるときには嬉しい点だ。

重さ制限に話に戻るけど、僕が持っているiPad Pro 11インチの重さは468g。

2.5kg以内だからかなり余裕。むしろ2.5kgを超えるものに装着することってあるかのかなと思ってしまう。




iPadにリング代わりのCiscleのストラップバンドを装着してみる

Ciscleのストラップバンドが入っている袋。シンプルでとても好みなデザイン。

同封されているものはこんな感じ。アルコール清浄布や装着時に使用する両面テープが同封されている。

今回はiPad Pro 11インチに装着している様子を紹介したいので、iPhone用のストラップバンドの紹介は控える。

実際にiPadに装着してみる。装着するポジションは好みによってバラバラになるけど、どこに装着するにしてもちょっとの違和感は拭えない。まぁiPhoneよりも大きくなるからそれ仕方ないかなと思う。

このストラップバンドは片手でiPadを持つときにかなり便利。Kindleで電子書籍を読むときやApple Pencilを使って手書きメモをするときなど、片手でiPadを持ちたくなることって意外と多い。持ちたくなるというか持っているときもあるけど、iPad Pro 11インチを片手で持つと疲れてしまう。

そんなときにストラップバンドが装着されていると、疲れが軽減されれ(あくまでも個人的な感想)




まとめ

iPhone用のバンカーリングについては「iPhone 8やiPhone Xのバンカーリングが剥がれる。そんな人にはLomicallのバンカーリングがおすすめ。」の記事で紹介したことがある。でも、iPad用は初めて。

お試し感覚で購入してみたけど、しばらく装着したまま使ってみたくなってしまった。

iPadにバンカーリング的な機能が欲しいなぁという人はぜひチェックしてみてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする