Apple Pencilの使い方が変わるかも。クリップ代わりになる「りんごのへた」が超便利。

Apple Pencilがポケットに挿せるようになる「りんごのへた」が超便利。

仕事やお絵かき、画像編集などさまざまな場面で使うことができるApple Pencil。

書き心地も非常によく、まるで本当のペンを使っている感覚だ。

でも、ペンにはあってApple Pencilにないものがある。

それは、クリップ部分。胸ポケットや手帳などに挿すためのクリップが付いていない。(Pencilだから鉛筆と考えると、確かにクリップ機能がなくても不思議じゃない)

そこで僕は「りんごのへた」を使うことにした。

Apple Pencilの使い方が変わる!?クリップ代わりに「りんごのへた」を選んでみた

「りんごのへた」といっても、本当のへたのことではない(本物だったら腐ってしまう)

これを装着することで、Apple Pencilにクリップ機能が追加される。

スーツや服の胸ポケット(内側と外側どちらでも)にApple Pencilが挿せればなぁとずっと思っていた。そこで見つけたのが、「りんごのへた」。本物のペンのようにポケットに収まる。

実際に使ってみたけど、持っているときに「りんごのへた」が手に当たることもなく、全くきにならない。重さも4gほどなので、付けていてもいなくてもほとんど重さは変わらない。

手帳に挿すとこんな感じ。服に入れていると無くしそう、という人は手帳に挿しておくといいかもしれない。

以前に購入して「10.5インチiPad Proにスリーブケースという選択肢を。Smart KeyboardとApple Pencilを一緒に収納できるケースをご紹介」でも紹介しているスリーブケースと一緒に持ち運んで、Smart KeyboardとApple Pencilを当たり前のように使っていきたい。



「りんごのへた」の気になる点

ほとんど気になる点はなかったけど、挙げるとすればこんなところかな、という点を挙げていく。

  • カラーバリエーションが1つしかない
  • 装着時にAppleのロゴが消えてしまう

買うときや実際に装着したときにこのあたりが気になった。

まとめとこれから

Apple pencilに「りんごのへた」を付けてから、Apple Pencilの使い方が大きく変わった。胸ポケットや手帳などに挿せるようになったことで、Apple Pencil自体の機動性が格段に良くなる。

Apple Pencilにクリップ機能が付いたことで、これからさらに活躍の機会が増えていきそうだ。

Apple Pencilに定位置を。Apple Pencil用充電できるスタンドで定位置を決めておく

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする