iPhoneがApple Pencil対応になったときのことを綴る

ふと思ったことを綴る今回。今まで数記事このシリーズを書いてきたが、意外とふと思うことってあるんだなと感じた。

そんなことはさておき、iPhoneがApple Pencilに対応するんじゃないかってうわさが流れていた。これは、僕も望むところ。

もしiPhoneがApple Pencilに対応すれば、僕たちの生活を大きく変えるiPhoneになるかもしれない。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

iPhoneでApple Pencilが使えると生活はどう変わるか

もしiPhoneがApple Pencil対応になったら、生活はどう変わるだろう。

・手書きをする機会が増える

まずはApple Pencilを使ってiPhoneに手書きをする機会が増える(まぁそのためにApple Pencil対応になるんだけど)

すでにスマホでペンのようなガジェットを使って手書きができる端末もある。それがiPhoneとApple Pencilで可能になるわけだ。

街中でiPhone片手にApple Pencilを使いながら考え事やメッセージを書く。こんな光景が当たり前になる時代が迫っているのかもしれない。

・iPhoneの持ち方が変わる

僕の場合、小指で支えながらiPhoneを持つ。ちょっと小指が痛くなるこの持ち方。でも持ちやすいし安定するからやめられない。

もし新型iPhoneがApple Pencil対応になるなら、小指で支えず左手でiPhoneを握り右手に(右利きの場合)Apple Pencilを持って書くことになるだろう。

・iPhoneを仕事に使うときの方法が変わる

電話やメッセージやメールのやり取りをメインで使っていた場合、Apple Pencilに対応することでiPhoneの使い方は大きく変わるに違いない。iPhoneだけで書類の添削や作成ができてしまうようになる。iPadでしていたことがiPhoneでも気軽にできるようになってしまう(画面サイズの問題は置いておく)

もちろん、今でもやろうと思えばできるが、指を使って行うよりはApple Pencilで作業するほうが効率的に進めることができるはずだ。



まとめとこれから

iPhoneがApple Pencilに対応すれば、Apple Pencilを購入することや使うことへのハードルが下がる。

Apple Pencilを持っていることが当たり前になる、こんな時代がもうすぐそこまで来てるのかもしれない。

いつか出るんじゃないかと期待して待とう。

AmazonでApple Pencil関連商品をチェックする

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする