新型iPad Pro(第3世代)発表。デザインは、今までにないものに。

様々なメディアで2018年10月30日にiPad Proの新型が出る、という噂が話題になっていた。

そして迎えた当日。

予想通り新型iPad Proが発表された(僕は、iPad史上初めてのデザインに興奮して危うく即買いしてしまうところだった)

iPadは、必要か必要じゃないかと聞かれると個人的には微妙なところ。でも、持っていると必ず役に立つのが、iPad。

新型iPad Proが発表されたので、まずは一番衝撃を受けたデザインからまとめることにする。

ベゼルの薄さやホームボタン廃止による全画面

ベゼルと呼ばれる縁の部分(表面の黒い部分)が狭くなった。0.5インチ文狭くなったことで、従来の10.5インチの大きさを保ちながらディスプレイが11インチに(12.9インチもある)

さらに、ホームボタン廃止により、iPhone Xと同様に全画面になっている。Face IDを搭載している、ということなので、iPhone Xの操作に慣れてしまっている人にとってはとても扱いやすいはず。

さらに薄くなったノートのようなデザイン

Proに限らず、今までのiPadは背面から表面にかけてカーブがかかっているデザインが特徴的。

でも、新型iPad Proはまるでノートのようなデザインに。しかも従来のiPad Proよりも1mm薄くなっているから、ノートの代わりとして持ち運ぶにはいいかも。



USB-Cコネクタを採用したことによる利便性向上

新型iPad ProにはUSB-Cコネクタが採用されている。

今までのLightningコネクタで別にいいんじゃない?って思った人にこそ伝えたい。

「USB-Cコネクタの利便性を」

USB-Cコネクタによって、iPad Proの使い方は大きく変わる。USB-Cコネクタを搭載することで、充電速度やデータの転送速度が速くなる。それだけじゃない。

新型iPad Proと外部機器を接続することだってできる。これにより、新型iPad Proに写真を取り込んだり、外部ディスプレイに出力することだってケーブル1本でできてしまう。

個人的には、iPhoneの充電までできてしまうところに惚れてしまった。

まとめとこれから

今までにないiPadになった新型iPad Pro。かといって、今までの良いところが消えてしまったわけではない。良いところは引き継ぎつつ、進化している。

ノートPCに近づいている、そんな印象を与える新型iPad Pro。

次は、内部や従来のiPad Proとの違い、新型Apple PencilやSmart Keyboardについてまとめよう。

iPad関連のガジェット・ツール紹介記事

10.5インチiPad Proの定位置を決めてるはなし。iPad・タブレット用スタンドでiPadにいつもの場所を

Apple Pencilを定位置に。Apple Pencil用のスタンドで定位置を決めておく

Apple Pencilの使い方が変わるかも。クリップ付きのペンになる「りんごのへた」が超便利。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする