iPhone XにLomicallのバンカーリングを付けてみたはなし。

iPhone XにLomicallのバンカーリングをつけてみた。

悩みに悩んで選んだiPhone X用手帳型ケース。XS対応用(取り外しなし)もあるZOVERの手帳型ケースを紹介する」の記事でも紹介したけど、iPhone X用に手帳型ケースを使っている。

でも、ずっと同じケースを使っていると少し飽きがきてしまう。だからといって今までのケースを全く使わないわけじゃない。少し気分転換をしたらまた今までのケースを使いたいと思うようになる(これは僕だけかもしれないけど)

てことで、手帳型ケースをちょっとお休みする代わりにカバーリングを購入した。

気分転換にiPhone XにLomicallのバンカーリングを購入

iPhone X用に今回購入したバンカーリングがこれ。デザインはとてもシンプルで、シルバーの光沢感やLomicallのロゴがまたいい。

指をかける部分がちょっとずれてない?と思ってしまうけど、実はこのバンカーリング、360°回転する。これが意外と役に立つ。iPhone Xを縦や横に置きたいとき、バンカーリングを付けたけどイマイチ貼った場所が微妙ってときに、回転させることで調節できる。



iPhone Xにバンカーリングを付けるメリット

iPhone Xの裏についているバンカーリングがもたらしてくれるメリットはたくさんある。その中でも特にメリットに感じているのが、iPhone Xを持った時に抜群に安定するということ。「別にバンカーリングなしでも変わらないでしょ」って思った人ほど試してほしい。

バンカーリングを指にかけて使うだけでスマホを持つことができるから、ギュッと握りしめなくても大丈夫になる(外れたときのことを考えると、この使い方はあまりおすすめできないけど)

もう1つのメリットは、iPhoneを落としにくくなること。例えば、寝ているときに仰向けになってスマホをいじると、たまに顔に落としてしまうことがある(意外と痛いし、イラっとする)でもバンカーリングを付けておけば、この心配は少なくともなくなる。あとは、カバーを付けたくないけどカバーなしで落としたくないってときにも、バンカーリングが安心材料になる。

iPhone Xにバンカーリングを付けるデメリット

メリットもあればデメリットもある。iPhoneにバンカーリングをつけるときにも、これが当てはまる。

iPhone Xにバンカーリングを付けていて感じたデメリットは、粘着力の強さだ。時々バンカーリングが外れてしまうことがあるため、その点が少しこわい(Amazonの商品ページには注意書きもしてあった)

あとは、革製品のケースに付けてしまうと革が剥がれてしまうかもしれない、という点もデメリットの1つ。

Lomicallのバンカーリングの良いところと悪いところ

良いところ

  • 粘着力がとても強く、iPhone Xの背面のガラスにもしっかりとくっつく
  • 替えのシールも付いており、もし剥がれてきてもまた使える
  • 360°回転するため、多少貼る位置がずれても問題ない
  • 車載ホルダー(磁気でくっつくタイプ)にも対応している

悪いところ

  • 少しリングの直径が大きい
  • カラーバリエーションが少ない

まとめとこれから

今までiPhone Xに手帳型ケースを使ってきたけど、気分転換にバンカーリングを付けてみた。

付けてみると、しばらくバンカーリングにハマってしまいそう、というところが正直な感想。気分転換にバンカーリングを買う人は、もしかするとバンカーリングから離れられなくなるかもしれない。

↓僕が購入したバンカーリング

↓他にもこんなバンカーリングがあった

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする