iPad Pro 11に購入したNIDOOのスリーブケースをレビュー

iPad Pro 11インチにスリーブケースをおすすめする3つの理由。

iPad Pro 11インチはなるべくケースを装着せずにそのまま使いたい、という人は少なくないはず。

僕の場合、ガラスフィルムだけしか貼っていないから落とした時に背面への傷は避けられない。(iPad Pro 11インチ用ガラスフィルムについてはこちらの記事をどうぞ)

そうは言いつつもできるかぎりケースを装着せずに使いたい。

そんな悩みを解決してくれたのが、iPad Pro 11インチ用のスリーブケース。

なぜおすすめなのか、愛用しているスリーブケースと一緒に紹介していく。




iPad Pro 11のスリーブケースは収納力が抜群

これが僕が愛用しているiPad Pro 11インチ用のスリーブケース。ダークグレーを購入したけど、他にもグレー・ブルー・レッドのカラーがある。ちょっとサイズは大きめ。ピッタリサイズを求めている人には向いていないかも。

iPad Pro 11インチを収納する部分はこんな感じ。

ファスナーは両開きで大きく開くため、iPadの出し入れもしやすい。ピッタリサイズのスリーブケースは取り出すときに少しストレスを感じるけど、NIDOOのスリーブケースに関してはそんなストレスが全くない。

外側のポケットに用途別にガジェット類を収納できる。中にもポケットがあるから収納もしやすい。

iPadに直接装着するタイプのケースだと、「収納する部分がない」もしくは「カードだけ収納できる」ということがほとんど。

ポケット付きのスリーブケースなら充電ケーブルやモバイルバッテリー、文房具などいつも持ち歩くものを一緒に収納することができる。

iPad Pro 11のスリーブケースは全面を守ることができる

iPad Pro 11インチに直接装着するカバータイプのケースは、背面か前面は保護することができる。これだけでもある程度安心感はある。

でも、側面部分って意外と盲点になっている。特にiPad Pro 11インチは側面が平らになっていてケースによっては守られていないこともある(純正カバーもそう)

実際にiPad Pro 11を使っていて思ったけど、側面部分の傷もかなり気になる(もうすでに1つ傷が付いている)

そんな悩みを解決してくれるのがスリーブケースだ。iPad Pro 11インチを完全に中に収納してしまうスリーブケースなら全面の保護が可能になる。




iPad Pro 11のスリーブケースは安い

僕が使っているiPad Pro 11インチ用のスリーブケースは、Amazonで1,299円(2019/3/13時点)だった。純正と比べると…..あまり言わないでおく。

1,000円台でiPad Pro 11インチの全面保護と収納力が手に入る。

特に僕の場合はいろんなケースを試したくなってしまうから、値段の安さはかなり魅力的。それだけたくさんのケースを使って自分に合ったものを見つけられるから。

まとめとこれから

iPad Pro 11インチ用のNIDOOのスリーブケースをレビューしてみた。

購入してから使わなくなるかもしれない、と考えているならバッグインバックとしての使い道もあるので、ぜひ試してみてほしい。

収納力抜群のスリーブケースにiPad Pro 11インチを入れていろんな場面で使っていきたい。

↓今回紹介したiPad Pro 11インチ スリーブケース(サイズと色に注意)

↓iPad Pro 11インチにガラスフィルムを安くで手に入れたい人におすすめの記事

iPad Pro 11インチ用にコスパ抜群のガラスフィルムを貼ってみた。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする