万年筆をオススメする理由について綴る

以前に万年筆とノートで頭を整理することについて綴ったが、今回はなぜ万年筆を使うのかを紹介する。

本題に入る前からこんなことを綴るのもどうかと思うが、この記事はすぐ読み終わるぐらいの文字数になってしまった。

ちょっとの時間で魅力を伝えたい、という思いから少ない文字数に凝縮してつらつら綴る。

万年筆を使うときは力が少なくて済む

万年筆はボールペンやシャーペン、鉛筆と比べて弱い筆圧でも文字を書くことができる。

万年筆で書く文字は他のペンで書く文字となんか違うな、というのはおそらく筆圧の関係な気がする(そもそも字が綺麗かどうかは置いておく)

力を加えずとも字を書くことができるため、僕は万年筆をよく使っている。

万年筆はすらすら書きやすい

ボールペンでもすらすらと書きやすいものもある。

でも、万年筆で書くペンの走り方はどこか違う。書いているという感触を手に与えてくれる万年筆は、満足感すら覚える。

力を入れずすらすらとペンを走らせる。

この感触はとても心地いい。

書き心地も万年筆を選んだ1つの理由だ。

オシャレなペン、万年筆

これは個人的なイメージだが、「万年筆≒オシャレ」という式が僕の中では成り立っている。(文字を式にするのはあまり好きじゃないけど)

レトロな雰囲気を持ちつつも、胸ポケットにさしているだけで存在感が際立つ。

書くものでもオシャレを楽しむ、というのはモチベーションにもつながると考えている。



欲しい万年筆を並べてみる

完全に独断で選んだ欲しい万年筆を「この万年筆かっこいいな」という基準でご紹介。
(広告については絶賛勉強中なので、今回は楽天のみでのご紹介)

まとめとこれから

このブログのイメージにもなっている万年筆。1回も使ったことがない人は多いはず。この機会にぜひ一度手にとって使い心地を実感してほしい。

ボールペンとは違う書き心地にハマってしまっているので、これからも万年筆でつらつら書いていきたい。

無地のノートをおすすめする理由について綴る

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする