システム手帳に理想の1日の過ごし方を書き込むメリットとは?

理想の1日って誰にでもあるはず。

寝る前に「今日はいい1日だったな」と満足感に満たされて寝る。

そんな1日が増えていけば、毎日「最高の1日」を過ごすことができるけど、実際難しい。

少しでも理想の1日を過ごすために、僕はシステム手帳に理想の1日の過ごし方を書き込んでいる。

今回は、システム手帳に理想の1日の過ごし方を書き込むメリットについて紹介していく。

システム手帳に理想の1日の過ごし方を書き込むメリット

早速、タイトルの答えから。

システム手帳に理想の1日の過ごし方を書き込むメリット

  • 行動パターンが明確になる
  • 自分について知る機会になる
  • 満足感が得られる
  • 計画通りに1日を過ごすことができる

とこんな感じ。

外面的な部分よりも内面的な部分のメリットが多いイメージ。理想の1日を書き込むだけでこれだけのメリットが得られているんだ、と改めて思った。

理想の1日を書き込むことにはメリットがあるけど、やっぱり1日なにもせずにサボりたくなることがある。そんな感情も考えて、僕はサボる日も設けている。サボる日に関しては「システム手帳に「サボる日」を設けているはなし」を見てもらいたい。

なぜシステム手帳に書き込むのか

A5のシステム手帳に買い換えた理由とメリット・デメリット」でも紹介しているけど最近、高橋の手帳からA5のシステム手帳に買い換えた。

とは言っても、理想の1日を書き込むものは別にシステム手帳でなくてもいい。人によってGoogleカレンダーや綴じ手帳を使っている場合もあるからだ。

でも、Googleカレンダーもしくはデジタルツールに理想の1日を書き込む場合はデメリットがある。

それは、理想の1日を書いておく場所がないところ。

つまり、別のメモアプリなどで対応しないといけなくなる。こうなると理想の1日を確認する機会が減ってしまう。

僕はそれが嫌でシステム手帳に書き込むことにした。




メリットを解説

システム手帳に理想の1日を書き込むことのメリットをそれぞれ解説していく。

メリット1:行動パターンが明確になる

今日1日何しよう

朝起きてそう思うことってよくある。特に、予定がない1日は何をしようか結構迷ってしまう。そして、結局なにもせずにダラダラと過ごす。

そんなときに、理想の1日を書き込んでおくと今日1日の予定が明確になってダラダラ過ごすことが減っていく。

新しい予定が入らなかった1日を無駄にしてしまうってことがこれでなくなる。

つまり、理想の1日を書き込むことで行動パターンが決まるから、無駄な1日が人生で減っていくことになる。これって後々考えると大きなメリットになるんじゃないかと思う。

メリット2:自分について知る機会になる

自分がどんな1日を送りたいのか。

僕はシステム手帳を使って理想の1日を書き出すまでは、なんとなく1日を過ごしていた。

なんとなくといって、仕事とかしないといけないことはちゃんとしている。

実際に書き出すことで「自分ってこんな1日を過ごしたいのか」とか「意識すればこんな1日が送れるんだ」と自分について知ることができる。

自分について知っていることって思っているより少ないから、自分と向き合ういい機会にもなる。

メリット3:満足感が得られる

満足感が得られるというメリットは、どちらかというと1日の終わりに気づくメリット。

書き込んでいる理想の1日通りに過ごすことができると、かなり満足感が得られる。しかも、自分にとって理想の1日だからそんなに疲れがない。

無理に頑張っているというよりも、1日を自分の好きなようにカスタマいずしている感じ。

メリット4:計画通りに1日を過ごすことができる

なんでも計画通りに過ごすことができると嬉しいし、タスクも捗る。

どうしても行き当たりばったりで1日を過ごしていると、忘れているタスクや「あれもできたなぁ」って思うものが出てくる。

でも、理想の1日は書いておくだけでそれ通りに過ごしていけばいい。

まとめとこれから

今日は無駄に1日を過ごしてしまったなぁ。

そう感じることが多い人は、理想の1日をシステム手帳やデジタルツールに書いてみてほしい。

特に予定がない日には理想の1日通りに過ごして「良い1日」を増やしていこう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする