睡眠時間に絶対の答えはない?睡眠の質を上げ、「一流の睡眠」を手に入れるためにおすすめの一冊。

睡眠の質を上げ、一流の睡眠を手に入れる。

睡眠時間を削ると体調を崩してしまう僕にとって、睡眠はとても大切。睡眠が崩れると、生活にまで影響を及ぼしてしまうからかなり気を遣う必要がある。

きっと僕と同じような人は多いはず。ショートスリーパーと呼ばれる人もいるけど、それは稀。やっぱりきちんと睡眠時間を確保しないと、体のどこかに悪い影響を及ぼしてしまう。

そこで今回は、「一流の睡眠」という本を紹介する。どうせ私には無理って人でも、睡眠の質を上げるためにできることが書かれていたので、あきらめずにぜひ読んでほしい。

睡眠時間に絶対の答えはないみたい。自分にあった睡眠時間を把握して睡眠の質をあげることが大切

理想の睡眠時間は◯〜◯時間と書かれているのをよく目にする。僕自身、一般的に良いとされている睡眠時間を1週間ほど試してみたけど、効果はイマイチだった。

なぜイマイチなのか。その理由は、一人一人に合った睡眠時間があるからだと「一流の睡眠」に書かれていた。

「やっぱり自分に合った睡眠時間を知ることが大切なんだ」

そう思った。どうりで一般的に良いとされている睡眠時間を守ってもうまくいかないわけだ。

じゃあどうしたら自分に合った睡眠時間を把握することができるんだろう。

睡眠時間を把握し、睡眠の質が高い「一流の睡眠」を手に入れる

自分に合った睡眠時間を把握するために、「一流の睡眠」ではログを取ることが勧められている。

自分が一体何時間ぐらい寝ているのかをきちんと記録することで、正しい睡眠時間を算出できるようだ。詳しくは「一流の睡眠」を読んでもらいたい。

自分にとってピッタリな睡眠時間を知ると、なんだかとても嬉しい気持ちになった。「何時間眠ればいいのか」という一生解決しないと思っていた問題を解決することができた、そんな気分になったからだろう。



「一流の睡眠」を読んでこんな疑問が解決した。

「一流の睡眠」を読んで、自分の睡眠時間を知ることができたのはもちろん、他にもいろんな問題を解決することができた。

  • 効率の良い睡眠方法ってないのか
  • 睡眠に運動って関係するのか
  • 結局、何時間寝ればいいのか
  • レム睡眠とノンレム睡眠って90分サイクル?
  • 寝貯めってどうなの?
  • スッキリ目覚めるためにどうしたらいいのか
  • 徹夜しないといけないときの対処法は?
  • 日中の眠気への対処法は?
  • 昼寝ってどうなの?
  • コーヒーの正しい飲み方って?
  • 睡眠前にしないことがいいことはあるのか

今までのおすすめ本紹介の記事を読んでいただいた方だと気づいた方もいるかもしれないけど、今回はかなり多くの悩みを解決することができた。

睡眠の教科書と言っても過言ではないと思う。

まとめとこれから

自分の睡眠時間を知ることってとても大切だなと、この本を読んで実践した後に改めて実感した。

睡眠って人にとって必ず必要になる。人生の3分の1ほどを睡眠に費やすからこそ質の高い睡眠をしたい。

「一流の睡眠」に出会ったことで、これからの睡眠の質が格段に上がっていくはずだ。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする